古本買取業界への期待

いつの間にか本棚や押入れに、読まなくなった本が溢れてきたので、古本買取の店に何冊か売りに行った。本は重たいので、5~6冊ずつ小分けにし、数回に分けて運んだ。合計千円を超える日もあれば、数百円にしかならない日もある。しかし高くても安くても、捨ててしまうより少額でもお金に変えられることが出来れば嬉しいものである。売りに行ったついでに、店に売られている古本を眺めてみる。気になる本があれば、つい買ってしまう事がある。こうして古本買取の店に売られている本は、再び誰かに買われてゆき、購入者のひとときを潤してくれる。常に、誰かが必要としているビジネスであり、本が存在している限り、何十年も何百年も続いてゆくのであろう。さて、そんな古本買取のビジネスも、ここ数年の間に、インターネット上でも行われるようになった。

自分で価格を決めて出店する形式もあれば、オークション形式もあり、多種多様である。インターネットの良い点は、重たい本を自分で運ばなくても良い所であろう。ネットショップ上で売りたい本を表示させ、それを、欲しい人が見て購入する。重たい本は宅配業者が運んでくれるので、売り手も買い手も重たい思いをせずに済む。何と合理的であろう。こうした話をすると、必ず、ネットビジネスに批判的な意見をおっしゃる方がいる。例えば、専門書買取の店の情緒の面を惜しむ意見が出るであろう。自分で古本を運び、お店の人と直接やり取りをして値段が決まることもあるだろう。そして自分の目で欲しい本を選び、お店で直接買うという醍醐味もある。さらに、お店の雰囲気を楽しむという良さもある。ネットショップでは、店員の顔色も分からないし、客の顔色も分からない。本の状態も分からないし、立ち読みもできない。確かに情緒はない。批判したい人の気持ちは分かる。ただ、日々移り変わる世の中なので、どこかで適度に妥協し、受け入れる事は必要である。ネットショップは日々進化し、どんどん普及してゆくであろうが、自分で足を運ぶ古本屋も存在し続けると思う。どんな形式であれ、利点と欠点を理解した上で、自分の都合に合わせて上手に使い分けてゆけば良いではないか。

近年では電子書籍も登場し、紙でできた本の存在をも危ぶむ意見もあるが、例え一時的に危機が訪れたとしても、本を必要としている人が、必ず打開策を見つけ、紙の本も、古本買取の店も、ずっと存在し続けると信じている。これからの古本業界の発展に期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*